新着記事

全世界株投資信託の比較|FTSEとMSCIの違い・銘柄入替で中国減

資産運用

2024/2/25

全世界株投資信託の比較|FTSEとMSCIの違い・銘柄入替で中国減

全世界株価指数:FTSE-GACIとMSCI-ACWIの相違点 全世界株式を投資対象とした代表的な指数には FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス(FTSE-GACI) MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(MSCI-ACWI) 以上2つがあります。 FTSEが大~小型株までカバー(約9000銘柄)しているのに対し、MSCIは大・中型株(約3000銘柄)を投資対象としています。 両指数の銘柄数は大きく差がありますが、小型株の含むかどうかの差であり、両指数とも時価総額加重平均であるた ...

ReadMore

米国ETFの購入方法|リアルタイム為替取引と外貨建てMMFがお得!

資産運用

2024/2/24

米国ETFの購入方法|リアルタイム為替取引と外貨建てMMFがお得!

新NISAで、米国ETF(VYM・SPYD・EDVなど)を購入予定の方は多いと思います。 私も、新NISAの成長投資枠では、米国ETFを購入する予定です。 米国ETFの購入方法は、一般的な投資信託(オルカンなど)とは異なります。 しかし、ネット証券会社の努力のおかげで、初心者でも購入しやすい操作画面になってきました。 シンプルに購入するだけであれば、特に事前の準備は不要で、操作画面に従って購入手続きを進めていけば大丈夫です。 もし、ひと手間かかるけど、お得に購入したい、そのような方には、ぜひこの記事をご覧 ...

ReadMore

年金を60歳から繰り上げ受給する理由とは?|新NISAも活用!

資産運用

2024/2/24

年金を60歳から繰り上げ受給する理由とは?|新NISAも活用!

公的年金を何歳から受給するか検討しました 公的年金の受給開始年齢は原則として65歳からですが、繰り上げ受給(60~64歳で受給開始すること)や繰り下げ受給(66~75歳で受給開始すること)も可能です。 繰り上げ受給の場合、「繰り上げた月数×0.4%」が年金額から減算されます。 繰り下げ受給の場合、「繰り下げた月数×0.7%」が年金額に加算されます。 これらの減算や加算は、生涯にわたって年金額に適用されます。 まさに人生の一大決心ですので、何歳から年金受給するか悩むところです。 お金が必要な時期はいつかを明 ...

ReadMore

金利上昇と住宅ローン|変動金利から固定金利への借り換えを検討しました

資産運用

2024/2/24

【住宅ローン体験談】変動金利から固定金利へ借り換えを検討しました

※ 2023年9月2日に公開した記事ですが、追記・修正して2024年2月18日に再度公開しました。 住宅ローン借り換え検討のきっかけは「金利上昇」 日銀が2023年7月の金融政策決定会合で、長期金利の変動幅の運用を柔軟化するとのニュースがありました。 今まで政策でコントロールしてきた長期金利を市場に任せる(一定の制限はかける模様)よう柔軟化するとのことです。 これにより、日本の長期金利は上昇傾向へとシフトしていきます。 金利が上昇すると聞いて、真っ先に心配になったのが住宅ローンです。 住宅ローンの利率には ...

ReadMore

【新NISAでも要注意】投資信託初心者の頃の失敗談と教訓

資産運用

2024/2/24

【新NISAでも要注意】投資信託初心者の頃の失敗談と教訓

投資信託の銘柄選び つみたてNISAを始めた時、今ほど投資信託に関する情報が発信されておらず、頼りにしたのは証券会社のつみたてNISAパンフレットでした。 その中に記載されていたのは、株式・債券・REITなどの資産を分散して持ちましょうということと、年代別のおすすめ資産比率などの情報でした。 次に証券会社のサイトで銘柄を調べると、ファンドスコアが記載されていました。 これらの情報に基づき、当時の私は、株式・債券・REITの1つ1つに対して、ファンドスコアの高い投資信託を選んで購入したのです。 株式インデッ ...

ReadMore

 

おすすめ記事

【パニック障害】飛行機・新幹線の克服に役立つ不安解消グッズ
パニック障害【パニック障害】飛行機・新幹線の克服に役立つ不安解消グッズ

はじめに 私がパニック障害を発症してから20年が過ぎました。 ただ、20年ずっと苦しかったわけではありません。 振り返ってみると、時々調子を崩すことがありながらも、長期的には右肩上がりに改善してきてい ...

続きを見る

配当金増税|2024年からの課税強化&社会保険料負担増への対策
資産運用配当金増税|2024年からの課税強化&社会保険料負担増への対策

2024年から配当金がステルス増税されます 最近なにかと多いステルス増税。 堂々と増税しますといわれても嫌ですけど、今まで同じことをしていているだけなのにしれっと増税されているというのは余計に腹が立つ ...

続きを見る

新NISA・NASDAQ100投資信託の銘柄比較|FANG+との相違点
資産運用新NISA・NASDAQ100投資信託の銘柄比較|FANG+との相違点

NASDAQ100投資信託の銘柄比較 NASDAQ100投資信託の信託報酬は、長らく0.4%台でした。 S&P500やオルカン(MSCI-ACWI)が、信託報酬0.1%以下の激しい競争が続いて ...

続きを見る

【新NISA】eMAXIS Slimと楽天S&P500を徹底比較
資産運用【新NISA】eMAXIS Slimと楽天S&P500を徹底比較

つみたてNISA:eMAXIS Slim S&P500、新NISA:楽天S&P500 2023年末に新NISAの投資方針を検討した結果、つみたて投信枠ではS&P500投資信託、 ...

続きを見る

年金を60歳から繰り上げ受給する理由とは?|新NISAも活用!
資産運用年金を60歳から繰り上げ受給する理由とは?|新NISAも活用!

公的年金を何歳から受給するか検討しました 公的年金の受給開始年齢は原則として65歳からですが、繰り上げ受給(60~64歳で受給開始すること)や繰り下げ受給(66~75歳で受給開始すること)も可能です。 ...

続きを見る

iDeCoの受け取り方|50代で早期退職した場合の最適な節税方法
資産運用iDeCoの受け取り方|50代で早期退職した場合の最適な節税方法

iDeCoの受給方法と所得控除 iDeCoの受給方法には、一時金と年金の2方式があります。また、一時金と年金では、税金が異なります。 一時金の場合、「退職所得」扱いとなり「退職所得控除」が適用されます ...

続きを見る