パニック障害

【認知行動療法】新幹線・飛行機トレーニング(2016年8月)

2023年8月14日

【認知行動療法】新幹線・飛行機トレーニング(2016年8月)

新幹線や飛行機のトレーニングには実家帰省を活用

新幹線や飛行機に対する苦手克服を確たるものにするためには、継続的な成功体験の積み上げが欠かせない。

しかし、在来線でトレーニングしていた頃とは異なり、これらの交通機関には結構な費用や時間を要する。

新幹線や飛行機のトレーニング機会、現実的には、GW、夏季休暇、年末年始の実家帰省などに限られる。

間隔は空くが、何度か繰り返せば徐々に不安解消、以前の自分に戻れるだろうと信じることにした。

新幹線のぞみ(8月9日:帰省往路)

新幹線はある程度成功体験を積み上げてきたので、今回は薬に頼らず普通に乗ることに挑戦した。

東京駅で予期不安を感じ始め、新横浜直前で急激に不安が強くなってきた。

ここで下車すると後が大変との思いと、いざとなれば何としてでも降りられると思い定める。

新横浜到着段階で落ち着き、発車と同時に平気になった。

不安のピークが去るのが早くなった感じがする。

やはり勝負所は「予期不安」と「直前の強い不安」であり、成功体験の積み重ねが大切と感じた。

飛行機(8月13日:帰省復路)

往路の新幹線メモを教訓に薬を準備した。

搭乗1時間半前にワイパックス、1時間前にポララミン。気持ちは強気に。

結果、終始スムーズに搭乗し、羽田に到着した。

インターバルを開けず、成功体験を積み重ねたい。

-パニック障害