資産運用

レバナスの運用実績をブログで公開|2年6ヶ月目(2024年4月)

レバナスの運用実績をブログで公開|2024年4月・2年6ヶ月目

レバナスとは

米国のNASDAQ市場の株式指数にレバレッジを掛けた投資信託等は、通称レバナスと呼ばれています。(レバレッジとは、値動きを2倍3倍と大きくする仕組み)

NASDAQ市場は、ハイテク企業や新興企業といった景気敏感な企業が数多く上場しているので、その株価指数の値動きは激しいことで知られています。

元々値動きの激しいNASDAQ市場の株価指数をレバレッジ効果で倍にするレバナスは、コロナ禍の量的緩和政策で株価が急上昇していた2020年頃から大変注目を集めていました。

しかし、2022年からの米国利上げショック等の影響を受けて、レバナスは暴落しました。

レバナスの低迷は長く続き、さらに新NISAの対象商品とはならなかったこともあって、2020~2021年頃のレバナスブームは終了したかと思われました。

そして2024年、米国の利下げ観測、AI革命や高性能半導体需要等で好調な企業業績によって、ハイテク株は再び上昇を開始し、2月下旬にはNASDAQは史上最高値を更新しました。

このような市場動向を反映して、新NISAでもオルカン・S&P500に比べて、ハイテク株の比率が高いNASDAQ100・FANG+・SOX(半導体)指数に連動した投資信託の人気が高まっています。

新NISAの対象外であるにも関わらず、レバナスへの資金流入も増え始めています。

課税されるというデメリットはありますが、FANG+やSOXのように投資対象を絞り込むリスクが少ないというメリットもあります。

分野特化型指数よりNASDAQ100指数が好き、時価総額加重平均による銘柄入替・比率変動が安心できる、しかしFANG+やSOXのようなハイリターンが欲しい。

そのような方には、特定口座でのレバナス投資も、魅力的な選択肢かもしれません。

積立投資によるドルコスト平均法

基準価格が日々値動きする投資信託等を、一定の金額で積立投資する方法のことをドルコスト平均法と呼びます。

投資信託等を一括投資ではなく、時間分散して積立投資することによって、基準価格が低い時の購入口数は多くなり、高い時の購入口数は少なくなります。

長期的な価格変動リスクを低減させるのに有効な方法です。

レバナスの運用実績をブログで公開|2024年4月・2年6ヶ月目

本記事のレバナス積立投資(ツミレバ)によるドルコスト平均法の効果は、上表のとおりです。

設定日(2021年11月16日)は、「積立金額(受渡金額)=投資信託の口数」となっています。

数日後の11月25日は、レバナスの基準価格(単価)が上昇したため、3万円入金しても29,389口しか買えませんでした。

それ以降は、米国利下げショックでレバナスの基準価格が暴落していき、2022年12月23日には3万円入金して76,104口も買えました。

このころはレバナスのトータルリターンが黒字になる日なんて来るのだろうかと不安でしたが、今振り返るとバーゲンセールだったのですね。

楽天レバナスの運用成績

レバナス積立投資を始めてから2年6ヶ月が経過した2024年4月時点の運用成績は以下のとおりです。

【運用商品】楽天レバレッジNASDAQ-100(レバナス)

【運用期間】2021年11月(楽天レバナス設定月)~2024年4月(現在)

【トータル投資額】795,000円

【トータルリターン】378,514円(47.61%)

レバナスの運用実績をブログで公開|2024年4月・2年6ヶ月目

NASDAQが2年3カ月ぶりに史上最高値を更新

AIブームに牽引された半導体分野の成長期待に加えて、米国経済が市場予想を上回る底堅さを見せた企業決算や、年度内の利下げ観測が重なって相場の追い風となり、NASDAQ総合株価指数が2年3カ月ぶりに史上最高値を更新しました。

好調の要因が、米国利下げ期待によるものだけなら、株価割高感でいずれ調整(下落)するかもという不安があります。

しかし、GAFAMなどビッグテックの決算が好調で、半導体・AIについては一過性のブームで終わりそうな気配ではなく、各国が法改正を迫られるほどの長期トレンドになりそうな技術革新ですから、現在の株価は割高なのではなく適正価格である可能性も否定できません。

NASDAQの史上最高値を更新を受け、今月のトータルリターンは大きく上昇しました。

2022~2023年のレバナス低迷期に、逓減効果もあって一向に上がってこない基準価格に絶望し、うっかり損切売却せずに耐えていて、本当に良かったなと感慨深いものがあります。

円高ドル安になっても、為替ヘッジ有りの楽天レバナスは安泰

先月、長らく続いた日本のマイナス金利が解除されました。

今後、米国の利下げも予想されています。

日本の金利上昇&米国の金利低下という局面となって、日米の金利差が縮小すると、円高ドル安になる可能性があります。

円高ドル安になると、新NISAで人気がある為替ヘッジ無しの投資信託は、株価上昇と為替が相殺されて基準価格が上がりにくくなります。

2022年の米国利上げショックでは、為替ヘッジ有りの楽天レバナスは、株価下落と円安ドル高のダブルパンチを受けて大きく下落しました。

対照的に、為替ヘッジ無しのeMAXIS Slim S&P500等は、株価下落と円安ドル高が相殺されて、下落の影響が局限されました。

しかし、2024年が株価上昇&円高ドル安となれば、2022年の米国利上げショックとは逆の構図が展開されるかもしれません。

為替ヘッジ有りの楽天レバナスは、円高ドル安となっても安泰ですね。

-資産運用
-