資産運用

高配当ADR銘柄を比較(VOD・BTI・NGG・BHP・HSBC)

2023年10月31日

高配当ADR銘柄を比較(VOD・BTI・NGG・BHP・HSBC)

新NISAでADR銘柄に投資する理由

新NISAの投資方針を検討した結果、つみたて投信枠ではS&P500連動の投資信託、成長投資枠で日本高配当ETF・米国高配当ETF・ADR銘柄を購入することにしました。

新NISAの投資戦略|S&P500投資信託と日米高配当ETFの組合せ
新NISAの投資戦略|S&P500投資信託と日米高配当ETFの組合せ

※ 2023年9月4日に公開した記事ですが、追記・修正して2024年1月21日に再度公開しました。 Contents投資目的と投資方針つみたて投信枠ではS&P500投資信託修正:投資先をeMA ...

続きを見る

このうち、ADR銘柄については他のアセットとは役割を明確に区分しています。

ADR銘柄のような個別株は、銘柄によっては高配当を期待できる反面、相応のリスクがあることは否めません。

ETFのように国やセクターといった大きい経済単位の値動きだけではなく、企業業績等が値動きに強く反映されます。

一般的には、ほったらかし投資での長期保有には向かない傾向があります。

したがって、ADR銘柄は、新NISAでの資産運用初期において、ポートフォリオ全体での利回りを年利4%以上とするための手段として、一時的に運用します。

長期保有はせず、高配当ETFが十分に増配した段階で売却して、高配当ETFを追加購入資金とする計画です。

このため、新NISAでの資産運用初期に該当する2024~2028年の5年間(成長投資の年間投資上限は240万円、上限1200万円までの最短入金期間は5年)を目安に、安定した配当金を出しそうな銘柄を比較検討していきます。

ADR銘柄の利回り比較(2023.11)

比較検討するADR銘柄は、配当金非課税であるイギリスとオーストラリアの中から選定することにしました。

2023年11月時点の利回りは表のとおりです。

コード銘柄名利回りセクター
VODボーダフォン・
グループ
10.86%

(10.74%)

電気通信
サービス
イギリス
BTIブリティッシュ・
アメリカン・
タバコ
9.40%

(9.28%)

生活必需品イギリス
NGGナショナル・
グリッド
7.97%

(8.15%)

公益事業イギリス
BHP BHP
ビリトン
5.83%

(5.83%)

素材
(金属・鉱業)
オーストラリア
HSBC HSBC
ホールディングス
5.31%

(5.09%)

金融イギリス
BPBP4.49%

(4.64%)

エネルギーイギリス
GSKグラクソ・
スミスクライン
4.04%

(4.03%)

ヘルスケアイギリス
ULユニリーバ3.91%

(3.89%)

生活必需品イギリス
DEOディアジオ3.29%

(3.41%)

生活必需品イギリス
AZNアストラゼネカ3.12%

(2.97%)

ヘルスケアイギリス

※ 青太字は前月比上昇、赤太字は前月比低下

個別株の利回りは、ETF(個別株の集合体)に比べて分散が効いていないため変動が大きいと思っていましたが、先月との比較では分散投資しているETFと大差ない小さな値動きでした。

ADR銘柄は世界的大企業であり、かつ高配当を出す成熟企業が多いことから、案外値動きは安定しているのかもしれません。

今後も継続的に確認して、新NISAの成長投資枠でどの銘柄に投資するか絞り込んでいきます。

ADR銘柄には高配当を期待しているので、現時点で利回り4%を下回っている銘柄は除外しようかとも思いましたが、ユニリーバは4%目前ですし、ディアジオやアストラゼネカも今後大きく増配する可能性も否定できませんので、現時点では候補に残しておきます。

-資産運用
-,